高圧受電契約の仕組みとキュービクルを設置するメリット

キュービクル

キュービクルは、自社で保有・管理する高圧受電設備です。高圧受電設備には「閉鎖型」と「開放型」があり、以前はビルや建物の1室に「電気室」として変電設備を設けている開放型が多く見られましたが、技術の進歩に伴い閉鎖型であるキュービクルが一般的になっています。
一定規模以上の電気を使用する建物や設備では設置が義務付けられており、近年は電気代削減のためにキュービクルを設置するケースも増えています。今回はキュービクルについて、電力の契約方式やその仕組み、導入のメリットをご紹介します。

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 楽エネ セミナー情報
  • オリコB2Bサポートプランお申込みについて
  • 日本太陽光メンテナンス協会
  • PVプランナー協会