ソーラーシェアリングとは!?農地を活用して、新たな収益を産み出す方法

農地活用

再生可能エネルギーの普及やエネルギーの地産池消を目指し、田や畑、果樹園などで農業を続けながら太陽光発電等を行うことができる「ソーラーシェアリング(営農型発電)」が注目されています。2018年に行われた規制緩和なども含め、様々な制度も整い、収益を生み出す仕組み、また、様々な問題の解決策としても取り組みが行われています。
ここでは、ソーラーシェアリングの条件や補助金制度、また導入のメリットや注意すべき問題点などをご説明させて頂きます。

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 今月のキャンペーン
  • 楽エネ セミナー情報
  • オリコB2Bサポートプランお申込みについて