田淵電機 9.9kW パワーコンディショナー EneTelus 屋外用三相マルチストリングス EPU-T99P5-SFL

田淵電機

9.9kW

パワーコンディショナー
EneTelus 屋外用三相マルチストリングス

[EPU-T99P5-SFL]

会員価格はこちら

田淵電機 9.9kW パワーコンディショナー EneTelus 屋外用三相マルチストリングス EPU-T99P5-SFL
  • 田淵電機 9.9kW パワーコンディショナー EneTelus 屋外用三相マルチストリングス EPU-T99P5-SFL

【ストリングごとにMPPT制御】回路ごとの直列数も自由に設計することが可能に!

◆出力制御対応◆ 【中規模発電所・防災施設・工場屋根などに最適】

田淵製 EneTelus(エネテラス)EPU-T99P5-SFL であれば万が一の停電時にも自立電力を使用できるので、電力源としても利用可能。
中規模発電では、複数台設置で発電量を向上させます。

出力制御には本製品・対応マスターボックス・通信ゲートウェイボックスの併用で対応可能。

マルチストリングス方式 田淵三相3線式「EPU-T99P5-SFL」の特長
(1)FRT要件対応・出力制御対応
(2)自立運転機能付き(AC101V2.0kVA×2系統)
(3)ストリング単位でパネルの発電状態の確認が可能(外部計測装置併用時)
(4)1つのラインで最大30台まで接続可能(マスターボックス使用時は32台)
(5)マスターボックスで一括制御可能
(6)力率一定制御対応(※個別連系協議が必要です)

<ストリングごとにMTTP制御が可能>

例えば、1枚のパネルに陰がかかった場合、1つのMPPT制御で組まれているパワコンでは、そのパワコンに繋がってる全てのパネルの出力に影響が及ぶ場合があります。
しかし、回路ごとのMPPT制御を採用している田淵電機のパワコンであれば、影響はそのストリングのみに限定されます。
マルチストリング方式なので昇圧ユニットも不要。損失を最小限に届めます。
またストリングごとのMPPT制御ということは回路ごとの直列数も自由に設計することが可能になります。

◆◇◆EPU-T99P5-SFLは、中・小規模産業用システムの多様なニーズにこたえます!◆◇◆

高周波トランス絶縁なので商用トランスの追加も不要。太陽電池アレイから直接接続できるので接続箱も不要。
屋外設置~パネル下など設置場所の自由度が高い~
スタンダード・マルチストリング・パワーコンディショナ。マスターボックスで多数台のパワコンを一括制御可能。

※以下は田淵電機 9.9kW パワーコンディショナー EneTelus 屋外用三相マルチストリングス EPU-T99P5-SFLの仕様です。

仕様 EPU-T99P5-SFL
最大入力電力(ストリングあたり) 2170W
最大入力電圧 570V
入力運転電圧範囲/定格入力電圧 150-550V/250V
MPPT電圧範囲 150-550V
最小入力電圧/起動電圧 150V
ストリング数(MPPT入力数) 5
最大入力電流(ストリングあたり) 10.3A
相数 三相3線式(三相4線式にも対応可)
変換方式 電圧型電流制御方式
定格出力 9.9kVA
外形寸法(W×H×D) 810.2×563.1×242.2mm
質量 53kg
カタログや仕様書、施工説明書、取扱説明書、認証証明書、保証などについては
お問い合わせください。