パワーコンディショナーのメーカーによる違い

各メーカのパワーコンディショナーの特徴

パワーコンディショナーは太陽光発電の効率と安全性を維持するために大変重要なものです。そのため、パワーコンディショナーを選ぶ際には、メーカーごとの特性を見極める必要があります。パワーコンディショナーはメーカーによって品質や価格、アフターフォローなど、それぞれ重視している面などが異なっており、その差を比較することで最適なものを選ぶことができるでしょう。

▲ ページTOPへ

パワーコンディショナーはメーカーごとにココの違いが重要

パワーコンディショナーのメーカーには、大手家電メーカーとして知られている会社や太陽光発電を専門に扱っているメーカーなどがあります。また、日本の企業だけでなく海外のパワーコンディショナーも続々と日本でシェアを広げています。それぞれに得意分野を生かした開発を行ったり、独自の基準を設けたりするなど、メーカーごとに品質や強みが異なることが特徴です。

パワーコンディショナーの変換効率に対する開発はそれぞれの企業が重視しており、大きな売りにしていることが多いです。パワーコンディショナーの性能を比較する場合には、1つの判断基準となるでしょう。

また、保証内容の充実など、アフターフォローに強いメーカーも多くあります。災害時の補償や出力保証、機器保証などは業界として一般的になってきていますが、メーカーによって差があることも事実です。

▲ ページTOPへ

パワーコンディショナーのメーカーごとの違い

パワーコンディショナーのメーカーごとの差を見ていきましょう。パワーコンディショナーのメーカーごとの違いは大きく、その違いによって将来にわたって発電量などに大きな差が出ることになります。

たとえば、大手家電メーカーA社では、住宅用システムから産業用の太陽光発電システムまで取り扱っています。A社のパワーコンディショナーは、住宅用も産業用も効率良く安定した高出力を誇っています。住宅用パワーコンディショナーの変換効率については、98パーセントと、かなり高く性能が高いとされています。

一方、パワーコンディショナー専門企業のB社では、屋内・屋外設置タイプのシリーズを持っており、住宅用、産業用ともに変換効率は95.5~96パーセントとなります。

▲ ページTOPへ

パワーコンディショナーの保証やコストの違い

太陽光発電システムの比較には、パワーコンディショナーをはじめとする機器やシステム全体の品質や保証も大切なポイントです。

大手家電メーカーA社では、一般的に長く使用する太陽光発電システムで使用する周辺機器については日本製にこだわっています。国内の工場で生産し、高い品質と耐久性を目指しています。また、設置可能エリアの拡大を目指し、塩害地域での屋外設置も可能な製品も取り扱っています。長期にわたる保証が用意され、アフターフォローも充実していますが、比較的コストが高く、大規模な産業用システムにおいては強さを発揮できていません。

パワーコンディショナー専門企業のB社では、金額を抑えた導入で、国内でシェアを伸ばしています。
導入時のコストを低く抑えられるため、採算性で選択されるケースが多くありますが、一方で不具合の発生率が高く、アフターフォローについて疑問の声もきかれます。
優先順位により選択肢は多くあるため、導入前に確かな知識と情報を得て各々の状況にあった選択をすることが必要となります。

▲ ページTOPへ

  • 楽エネについて
  • お見積りについて
  • 期間限定セミナー募集
  • 見積
  • 今月のキャンペーン
  • diy
  • 注目の新商品情報
  • 取り扱いメーカー
  • 全国対応いたします

おすすめ商品