介護施設 責任者の方必見!BCP対策準備はお済ですか?

BCP策定必須の非常用電源をラクラク導入
ポータブル蓄電池

レンタル導入orリース導入

ポータブル蓄電池のレンタル・リースは
楽エネにご相談ください

電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

介護施設を対象に2024年義務化

厚生労働省「介護報酬改定」により、
介護施設での【BCP策定】が義務付けられました。

≪介護業界 対策必須≫
▼2024年に義務化される
BCP(事業継続計画) とは▼
大地震等の自然災害、感染症のまん延、テロ等の事件、大事故、サプライチェーン(供給網)の途絶、突発的な経営環境の変化など不測の事態が発生しても、重要な事業を中断させない、または中断しても可能な限り短い期間で復旧させるための方針、体制、手順等を示した計画のことを事業継続計画(Business Continuity Plan、BCP)と呼ぶ。

内閣府「事業継続ガイドライン-あらゆる危機的事象を乗り越えるための戦略と対応-平成 25 年8月改定)」より

電気が止まったときの対策(非常用電源の設置)
BCP対策の重要事項です

介護施設に最適な非常用電源は?

  • 自家発電

    騒音がでるため夜間の使用は控えたい。排気ガスが出るため室内での運用に向かない。

  • 乾電池

    出力が小さく、介護に必要な機器や電化製品を動かせない。

  • 最適
    ポータブル蓄電池

    停電しても普段と同じように電化製品を稼働させることが出来る。

ポータブル蓄電池のレンタル・リースは
楽エネにご相談ください

電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

『POWER YIILE 3』使用例
    • 災害時の情報収集
    • 重要負荷 :32型液晶テレビ(60W)

      バックアップ:約30時間(連続使用)

    • 流動食の調理
    • 重要負荷 :フードプロセッサー(380W)

      2日間 流動食の提供が可能

      (入所者様20名、1日3食と想定)

    • 痰吸入器のバックアップ
    • 重要負荷 :痰吸入器(90W)

      約1,000回の吸入が可能

      (吸入時間1人あたり1分と想定)

    • 介護ベッドの上げ下ろし
    • 重要負荷 :介護ベッド(185W)

      約650回 上げ下ろしが可能

      (ベッドの上げ下ろし1回に1分と想定)

ポータブル蓄電池のレンタル・リースは
楽エネにご相談ください

電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

ポータブル蓄電池POWER YIILE3
選ばれる理由

日本メーカー

世界最高レベルの安全性

「POWER YIILE 3」は世界で最も厳しいTUV安全性認証を取得した唯一のポータブル蓄電池。
地震や火災などの災害や予期せぬ事故を想定した安全試験を実施し、発煙・発火しないことが実証されています。

11項目の厳しい検査をクリア
  • 振動試験
  • 貫通試験
  • 衝撃試験
  • 落下試験
  • 短絡試験
  • 浸水試験
  • 破壊試験
  • 過放電試験
  • 過充電試験
  • 異常加熱試験
  • 冷熱衝撃試験

発煙・発火の恐れなし

10年保証付

大容量で長寿命の蓄電池

「POWER YIILE 3」は15年繰り返しフル充放電後(17,000回後)の電池容量保有率はなんと70%!
一般的なポータブル蓄電池の保証が1年(上限1,000サイクル使用)。「POWER YIILE3」は10年保証付きで12,000サイクル使用可能な長寿命のポータブル蓄電池です。

POWER YIILE 3は太陽光パネルとの接続可能!
太陽光パネルと接続すれば長時間停電が続いた場合でも対応可能です。

工事不要

簡単ラクラク設置

設置方法はコンセントにつなぎスイッチを入れるだけ!停電時はわずか0.004秒で蓄電池からの給電に自動的に切り替わります。
キャスター付きで必要な場所への移動もラクラク。

POWER YIILE3と
他のポータブル蓄電池を
比較してみると…

安価なポータブル蓄電池は
火災のリスクも…

高い安全性・高出力・大容量
長期使用が可能な蓄電池を
選ぶなら

ポータブル蓄電池のレンタル・リースは
楽エネにご相談ください

電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

導入実績ご紹介

介護施設関連

特別養護老人ホーム M 様
“移動できる非常用電源”として施設の照明や
入居者ケアなどに活用

M様の施設は地域の緊急避難所として指定されており、災害時には地域住民や近隣グループホーム利用者の避難場所になります。
災害時の入居者および地域住民のためのバックアップ電源の必要性から、可搬型蓄電システム「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」を導入されました。

■主な導入目的

福祉施設の防災対策
災害発生時の入居者および避難者へのケア
(食堂の照明、介護食調理用のミキサー、介護ベッドの昇降、LED照明など)

■導入後の効果

防災対策として屋外の防災備蓄倉庫に発電機を格納していましたが、2017年1月に停電が発生した際は大雪で取りに行くことが困難な状況だったため「パワーイレ・スリーで迅速に電源が確保できたので助かった」と感謝のお言葉をいただきました。

介護施設運営会社 B 様
介護施設のBCP対策として導入

■主な導入目的

介護施設の停電対策、入居者管理用のパソコンバックアップ、入居者様の部屋に持ち込んで電気機器のバックアップに利用。

■選定理由

キャスター付きなので移動も容易で、稼働時の匂いや騒音も無く、屋内や夜間でも使用が可能。

■導入後の効果

通常時は入居者管理用のデスクトップPCをバックアップ。
長期停電の際に必要に応じて、入居者様の部屋に持ち込み活用も。
また、長期停電時には集合場所のTVをバックアップ。
万が一の時も入居者様・従業員の必要に合せて活用ができる。
有事の際には入居者様居室に持ち込み電動ベッドの上げ下ろし、LED照明等のバックアップも想定。

全国展開する介護施設・
サービス運営会社 S様
施設のBCP対策として、
全128拠点に導入

■選定理由

自家発電機と違い、臭いが気にならない。
静音性で夜間利用もできる。生命と生活の保護をすること、安心して利用できる施設を提供するため。

■導入後の効果

2016年のゲリラ豪雨や東京電力新座変電所火災による大規模停電を経験され、対策の必要性をかんじられておりました。
熊本震災の影響等も鑑み、早急に災害時の停電対策が必要と判断され、蓄電池設置に至りました。

介護付有料老人ホーム N様
非常用電源の確保に

■主な導入目的

お客様の生命と生活の保護計画の一環として、介護付有料老人ホームへ可搬型蓄電池パワーイレ・スリーを導入。

■選定理由

可搬型蓄電池を装備し、LED照明、電動ミキサーなどの非常用電源として、3日分の電力を備蓄することができる。

■導入後の効果

生命と生活の保護をすることで、安心して利用できる施設を提供。
災害対策として適切な対応ができる体制を整備。

ポータブル蓄電池のレンタル・リースは
楽エネにご相談ください

電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

プライバシーポリシーについて

必須企業名
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須都道府県
必須市区町村
建物名
ご質問・ご要望