レネソーラ

ウェハの技術力

レネソーラはもともと、太陽電池モジュールの基幹部品であるウェハや、インゴットの製造からスタートしました。その技術力が高く評価され、多くの太陽光セルメーカーに採用された実績もあります。
高い技術力と原材料からモジュールまでを一貫製造する体制の強みを生かして高効率・高品質なモジュールを手ごろな価格で提供ができます。

活躍の場を広げるメーカー

これまで積み重ね、培ってきた技術や実績によりレネソーラは結晶型パネルをはじめ、LEDなどのグリーンエネルギー商品を取り扱うメーカーに成長しました。中でも太陽光発電モジュールにおいては、マイクロソーラーからメガソーラーまで様々なニーズに合わせて幅広く提供し、現在、日本や中国をはじめ世界39ヶ国での販売実績のあるメーカーです。また、国内でも福島空港における大規模な発電事業に参加しているほか、大手住宅メーカーの運営するメガソーラー事業に採用されるなど、活躍の場を広げています。

充実の保証

10年の製品保証に加えて25年の出力保証で設置後の安心が長く続きます。
さらに、保険会社による2重保証付きなので万が一メーカーが倒産してしまった際も欧米の優良保険会社が保証内容を力強くバックアップします。

レネソーラの特徴

高効率多結晶モジュール

ウェハ製造で培われた技術を生かした高効率モジュールが特徴です。
主力商品の「VirtusⅡ」は、多結晶でありながら単結晶に匹敵する高い変換効率と高い発電力を誇る高性能モジュールです。
さらに、優れた温度特性に加えて、低照度特性で朝や夕方などの低日照下でも規定スペック以上の発電力を発揮してくれます。

万全の検査体制

レネソーラでは社内において、性能認定規格であるIEC61215・UL1703の一連の検査を行える設備を持っており、すべての製品に対して目視での検査や、標準試験条件に基づいた性能特性検査に加え、マイクロクラックという目に見えない微細な傷を見つけ出すEL試験などの検査を実施しています。そのほかにも、塩水噴霧試験や高湿な環境下での湿潤漏れ電流試験も実施し、製品の安全性を高めています。
徹底した検査で、塩害やアンモニア腐食をはじめ、様々な環境に耐え抜く高い耐久性を実現しました。

劣化や故障に強いモジュール

ホットスポット現象やPID現象といった、出力低下や故障につながる現象への耐性も厳しくチェックしています。中でもPID耐性に関しては、過酷な環境下で96時間にも及ぶPID試験に見事合格し、TUV-SUD認証を取得しています。この試験を通して、高耐久EVA素材と高度なモジュール加工技術による確かなPID耐性が認められました。

  • 楽エネについて
  • お見積りについて
  • 期間限定セミナー募集
  • 見積
  • 今月のキャンペーン
  • diy
  • 注目の新商品情報
  • 取り扱いメーカー
  • 全国対応いたします

おすすめ商品