2016年12月28日、JPEAより「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」が制定されました。
以下、一部抜粋した情報となります。
[概要一部抜粋]
10 保守・定期点検の進め方(P9より抜粋)
10.1 一般
この箇条は、太陽光は圧電システムの保守・定期点検の進め方を記載する。これには次の項目を含む。
〇必須点検
設備及び構成機器が安全な使用に足る状態であるかどうかを、合理的に実行可能な範囲で判断するために、
定められた周期で実施する点検。必須点検には、目視検査、機器類検査及び安全にかかわる試験が含まれる。
〇発電性能にかかわる保守
実施が推奨される、定期的な発電性能にかかわる保守。
〇修繕・改良・復旧対応
点検、監視、検査又は試験で発見された不具合、または問題の原因特定お良い修繕・改良。

※制定の趣旨(P67より抜粋)
上記ガイドラインは、改正FIT法における「事業計画策定ガイドライン」の下で、
民間の作成する「保守点検ガイドライン」の制定が検討されていることを鑑み、
保守点検ガイドラインを作成されています。
このほか、詳細については下記をご確認ください。

  • 楽エネについて
  • お見積りについて
  • PVEXPO
  • 見積
  • 今月のキャンペーン
  • diy
  • 注目の新商品情報
  • 取り扱いメーカー
  • 全国対応いたします

おすすめ商品