2018 年 12 月 5 日 経済産業省は、
事業用太陽光発電の未稼働案件による国民負担の抑制に向けた新たな対応について、
意見公募手続の結果を踏まえ、方針を決定しました。

それに伴う 系統連系工事着工申込み に係る 詳細運用 及び 手続方法 について、
公表されましたのでお知らせいたします。

2012年度~2014年度にFIT認定を受けた事業用太陽光発電(10kW以上)のうち、
運転開始期限が設定されていない(2016年7月31日までに接続契約を締結した)未稼働案件については、
FIT認定案件ごとに電力会社に「系統連系工事着工申込書」の提出が必要となります。

詳しくは「事業用太陽光発電の未稼働案件への新たな対応に係る詳細運用等について」をご覧ください。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽ ご参考 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

◆◆「FIT制度における事業用太陽光発電の未稼働案件への新たな対応に関するFAQ」も掲載されています。

あわせてご参照ください。

「FIT制度における事業用太陽光発電の未稼働案件への新たな対応に関するFAQ」はこちらからご覧ください。