ジンコソーラー

ジンコソーラーの実績

2006年に「ジンコソーラーホールディング株式会社」創立。4カ国に8つの生産拠点を展開し、世界90ヶ国以上に導入実績があります。シリコンインゴットの生産からウエハ、セル、モジュールの生産までを一貫して生産しています。このような垂直統合型の生産システム構築により、徹底した品質管理と大量生産を行い、高品質でありながら低コスト化を実現しています。2017年の製品出荷量は 9.81GWとなり、グロバール出荷量第1位となっています。

コストパフォーマンスに優れた高品質モジュール

ジンコソーラーは徹底した品質管理の実施し、低価格・高品質なパネルの製造を行っています。パートナー企業との協力関係をもち、全ての製品に対して総合的な検査と厳格な試験を実施していることから信頼性の高いメーカーとして知られており、2017年現在、グローバル市場シェア10.4%となっています。 業界最大の研究開発センターとUL認証機構を設置し、250名の科学者と専門家を抱え、最先端技術の導入にも力を入れています。PID (Potential Induced Degradation) やホットスポットから製品を保護するための独自の革新的技術を開発するなど、開発に対する投資を続けています。

  • モジュール
  • 産業用セット

ジンコソーラーの特徴

発電効率と耐久性に優れたモジュール

ジンコソーラーの多結晶モジュールは低コストでありながら高いモジュール変換効率を備えているという特徴を持っています。さらに最先端のソーラーウェハと電池技術により優れた低照度性能を実現しており、明け方や夕方、曇りの日など日射量の少ない時間帯でも最大限の発電力を発揮します。
また風圧荷重や積雪荷重に対する強度に加え、耐塩霧や耐アンモニア性など過酷な環境下でもタフに稼働できる高い耐久性を実証しております。

高品質を生み出す厳格な監視体制

ジンコソーラーには先進的な社内試験場を設けており、全製品に対して極めて厳しい条件で製品テストを実施しています。高湿度・高温・アンモニア充満環境などにおいて厳格な試験基準をクリアしており、塩害地域や畜農産施設付近など厳しい環境下でも高いパフォーマンスを発揮します。

発電効率を高めるスマートモジュール

モジュール表面の付着物などによってできた影の部分が発熱を起こす「ホットスポット現象」も故障を引き起こす原因の一つとなります。
ジンコソーラーのスマートモジュールなら、この「ホットスポット現象」を防止し、大切なモジュールを故障から守ります。