太陽光発電の2019年問題とは何?基本と対応策を解説

2019年問題

2009年にFIT法の前身となる売電制度「余剰電力買取制度」がスタートしました。余剰電力買取制度における売電期間は10年間と制限があるため、制度開始から10年目となる来年2019年には初めて「売電期間の満了」を迎える設置者が多くでてきます。「期間満了後も売電ができるか」ということについては特に多くの関心を集めており、太陽光発電業界では「2019年問題」とも呼ばれています。
今回は、間近に迫った「2019年問題」について今後の見通しや対応策について解説します。

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 今月のキャンペーン
  • 楽エネ セミナー情報
  • オリコB2Bサポートプランお申込みについて
  • 日本太陽光メンテナンス協会
  • PVプランナー協会