太陽光発電の低圧・高圧・特別高圧の違いについて解説

太陽光発電の低圧・高圧・特別高圧の違いについて解説

太陽光発電には、システム容量によって「低圧」「高圧」「特別高圧」に分かれていることをご存知でしょうか?

この記事では、「低圧」「高圧」「特別高圧」それぞれの違いや特徴についてご紹介していくとともに、それぞれのメリット・デメリットなども解説していきます。

「これから太陽光発電を設置しようと思っているけど、低圧か高圧かで迷っている…」
「中古で購入予定の太陽光発電設備に”低圧”とあるが、どういう意味?」

こんな疑問を持っている方には、ぴったりの内容です。

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 楽エネ セミナー情報
  • オリコB2Bサポートプランお申込みについて
  • 日本太陽光メンテナンス協会
  • PVプランナー協会