太陽光発電で得た収入は、確定申告が必要か

確定申告

現在、太陽光発電システムは、住宅屋根に設置するだけではなく、売電収入を目的とした投資物件として購入される個人・個人事業主の方が多くいらっしゃいます。
売電収入を得ることでの「所得税」、太陽光発電設備の設置による「固定資産税」など。条件によって、課税対象となることがあり、場合によっては確定申告が必要なケースもあります。

設置前に基本的な知識を持っておくことが重要です。ここでは、太陽光発電システムの設置に伴って課税が発生する条件や確定申告時の注意点について解説します。

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 楽エネ セミナー情報
  • オリコB2Bサポートプランお申込みについて
  • 日本太陽光メンテナンス協会
  • PVプランナー協会