5kWソーラーパネル(住宅用太陽光発電)の実際の発電量は?

5kWソーラーパネル(住宅用太陽光発電)の実際の発電量は?

太陽光のエネルギーで発電を行うことができる「ソーラーパネル(太陽光発電システム)」は、日本でもだいぶ普及が進みました。

しかしながら、まだ設置していない住宅のほうが多いのが現状です。これから太陽光発電を設置してみようかなと思っているご家庭もあるかと思います。

いざソーラーパネルを設置しようとしたとき、

「そもそも設置したらどのくらいの電気を発電できるの?」
「5kWのシステム容量ってどのくらいの発電量?」

など、発電量についての様々な疑問がわいてくる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんなソーラーパネルの発電量について、

  • ソーラーパネルの発電量の意味や概要
  • ソーラーパネルの発電量を決める要素
  • ソーラーパネルの発電量の計算方法と損失係数
  • ソーラーパネルの発電量をアップするポイント

について、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 楽エネ セミナー情報
  • オリコB2Bサポートプランお申込みについて
  • 日本太陽光メンテナンス協会
  • PVプランナー協会