太陽光発電の設備認定!改正FIT法での新しい「事業計画認定」とは?

太陽光パネル

太陽光発電で固定価格買取制度(FIT法)を利用した売電事業を行う場合に、まず必要な手続きが「設備認定」です。
平成29年4月からFIT法の改正施行に伴い、設備認定に新たに事業認定としての要件が加わりました。これまでは「太陽光発電設備」の認定でしたが、「太陽光発電による事業計画」の認定に変わりました。
今回は、平成29年4月以降、新しくなった設備認定について、FIT法改正の前後を比較しつつ、その全体像を解説します。

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 楽エネ セミナー情報
  • オリコB2Bサポートプランお申込みについて
  • 日本太陽光メンテナンス協会
  • PVプランナー協会