2017年3月29日

系統連系とは?

太陽光発電システム設置後に必要な売電手続き

固定価格買取制度の導入により、一般家庭で発電した電気を電力会社に買い取ってもらうケースが増えました。その際、発電した電気を送るために、電力会社の送配電網に接続することを「系統連系」といいます。
今回は、系統連系について基礎知識から役割、太陽光発電システムを設置した後の契約までわかりやすくご紹介します。

▲ ページTOPへ

【目次】

1. 系統連系の基本を詳しく解説

2. 系統連系の役割

3. 太陽光発電システム設置後の系統連系

4. 系統連系は早めに計画を!

系統連系の基本を詳しく解説

太陽光発電システムを設置しただけでは、電力会社に電気を売ることはできません。売電するための系統連系が必要です。

系統連系とは?

系統連系は、電力会社の電力系統に発電設備を接続することです。普段の生活の中で使用している電気は、電力会社から一方通行で供給される電力なので、こちら側から発電した電力を送ることはできません。そのため、系統連系工事で受電する電力と接続し、太陽光発電で創った電力を売電できるようにする必要があります。

系統区分

電力会社の系統連系には、「低圧連系」「高圧連系」「特別高圧連系」の3つの区分があります。低圧連系は設備容量が50kW未満の場合で、一般家庭や商店などの需要家が設置します。高圧連系は、50kW以上2MW(2000kW)の設備を設置する場合です。小規模工場やビルなどに設置されています。さらに大型の2MW以上の設備の場合は、特別高圧連系となります。
連系区分によって工事内容が異なり、管理費用にも違いが生じます。電圧が上がれば上がるほど、工事費や管理費用が高くなります。

▲ ページTOPへ

系統連系の役割

系統連系は、売電設備の中でどんな役割を果たしているのでしょうか。

系統連系をすると?

電力の小売全面自由化以降、一般家庭など小口の需要家が太陽光発電システムを設置して売電するケースが多くなっており、需要家が電力供給者の役割も担っています。一般家庭の場合、発電した電気はすべて売電するのではなく家庭での電力に使用し、余った分を余剰電力として電力会社に売電します。電力会社の商用ラインの系統に連系しているため、そのまま電力会社に売電することが可能です。自家発電の電力で足りない分の電力は、これまで通り電力会社から供給されます。

系統連系を行うには?

売電する電力は、電力会社から供給される電力と同程度の品質が求められます。太陽光発電は自然エネルギーのため、日照量や気象条件によって出力が大きく変動します。電圧や周波数が異なった電気をそのまま接続すると、電力会社の電気系統全体に影響を及ぼす危険性があるため、系統連系を行うには電力の品質を整えるための設備が必要です。

電力の品質については、経済産業省資源エネルギー庁が「電力品質確保に係わる系統連系技術要件ガイドライン」と呼ばれる指針をまとめています。このガイドラインでは、電圧や周波数を、電力会社の定めた規定値の範囲内に収めることを求めています。

系統連系に必要な設備

太陽光発電システムは太陽光パネルだけでなくパワーコンディショナーや接続箱、売電電力計などの周辺機器も合わせて設置します。
太陽光発電システムで発電した電気は、直流電力という種類の電気です。家電製品など家庭で使われている電気は交流電力と呼ばれ、パワーコンディショナーで電力の種類を変換してから系統連系します。パワーコンディショナーは直流・交流の電力変換と同時に、電圧調整や周波数安定化機能を併せ持っています。そのため、パワーコンディショナーを経由することで、安定した電力が供給可能となります。
これらの周辺機器を設置したうえで、電力系統に連系することができます。

▲ ページTOPへ

太陽光発電システム設置後の系統連系

太陽光発電システムの設置後、電力会社との電力需給契約を行います。契約を締結することによって、系統連系による売電が可能となります。

電力需給契約

電力需給契約は、太陽光発電システムを電力会社の配電線に接続し、発電電力を電力会社に売電するための契約です。電力会社から電力を買う一般的な契約は「電力需給契約」であり、それと混同を避けるために、売電の場合の需給契約を「系統連系契約」と呼ぶことがあります。
太陽光発電システムの最大出力が50kW未満の場合は「低圧連系契約」、50kW 以上の場合は「高圧連系契約」となります。系統連系契約の申請手続きは複雑なので、基本的に施工業者が代行します。

逆潮流の確認

太陽光発電システムで発電した電力を電力会社に買い取ってもらうには、連系した系統を通して、電力会社の配電線に電気を送る必要があります。通常の電力供給とは逆向きの電流のため、これを「逆潮流」と呼びます。系統連系後に逆潮流を電力会社に確認してもらうことで、売電できるようになるのです。

▲ ページTOPへ

系統連系は早めに計画を!

系統連系は、電力会社の系統に接続することのみを指します。太陽光発電システム設置後、すぐに売電ができるわけではありません。系統連系には、契約から工事まで時間がかかることがあり、時には3カ月以上を要するケースもあります。接続の申し込みが多い時期などは、電力会社の送配電線の容量を調整する必要があるためです。売電を目的に太陽光発電システムを設置する場合は、系統連系を含め早めの計画が必要でしょう。

▲ ページTOPへ

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 楽エネについて
  • お見積りについて
  • 見積
  • 今月のキャンペーン
  • diy
  • 注目の新商品情報
  • 取り扱いメーカー
  • 全国対応いたします

おすすめ商品