全量買取制度で太陽光発電を事業に活用!

太陽光パネル

再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、太陽光発電の出力容量によって買取内容が異なります。10kW未満の太陽光発電設備は一般的に「住宅用」と呼ばれ、家庭で使い切れずに余った電気を余剰電力として電力会社に買い取ってもらいます。それに対して、10kW以上の設備は「産業用」とされ、発電電力の全量が買い取り可能となります。
今回は、固定価格買取制度の全量買取について、余剰買取との違いやメリット・デメリットをご紹介します。

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 楽エネ セミナー情報
  • オリコB2Bサポートプランお申込みについて
  • 日本太陽光メンテナンス協会
  • PVプランナー協会