2017年3月15日

省エネ住宅のメリットとは?

エコハウスの特徴と改修のポイント

地球温暖化など環境問題への対策として、住宅の役割が注目されています。環境問題に対する住宅の取り組みの一環として挙げられる、住宅の性能を上げてエネルギー消費量を減らす省エネ住宅です。では、省エネ住宅には具体的にどのような特徴があるのでしょうか。今回は、エコハウスに代表される省エネ住宅の特徴と改修のポイントについてご紹介します。

▲ ページTOPへ

【目次】

省エネ住宅ってどんな家?

省エネ住宅は、家自体の性能を上げることで、エアコンをはじめとする家電製品などのエネルギー消費を抑えられるように工夫された住宅です。自然エネルギーを効果的に活用することで、心地よく過ごせる工夫もされています。

「エネルギー消費を抑える住宅」と聞くと、暮らしにくいイメージを持たれるかもしれませんが、省エネ住宅は自然エネルギーをうまく取り入れて、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出を抑えることで、地球環境に優しい上に、快適さを感じられるように設計された未来型の住宅です。一般住宅に比べて、建設費用や太陽光発電システムの導入などの初期費用は高くなりますが、住んでからの光熱費が安くできるのでランニングコストが低く抑えられることも特徴です。

では、省エネ住宅と一般住宅はどこで見分けられるのでしょうか。消費者が省エネ住宅を見分ける方法の1つは、「住宅省エネラベル」の有無です。これは、国土交通省と経済産業省が定めた省エネ基準をクリアした住宅にのみ表示できるラベルです。分譲住宅・注文住宅のどちらにも表示できますが、対象となる住宅は新築の一戸建てのみで、長屋建て住宅やマンションは対象となりません。省エネ基準は、断熱性のほかに、照明や冷暖房などエネルギーを消費するさまざまな設備を含めて総合的に判断されます。

「Q値(熱損失係数)」も省エネ住宅と一般住宅を見分ける方法の1つです。Q値とは住宅全体の熱が逃げる割合を示したもので、値が小さいほど断熱性能が高く、光熱費も抑えられます。

▲ ページTOPへ

省エネ住宅のメリット

省エネ住宅は、地球環境に優しいだけではありません。快適に暮らしやすいメリットがたくさんあります。

省エネ住宅の多くは、窓やドア、壁や天井といった部分に断熱材が使用され、気密性や断熱性の高い構造となっています。これにより、外気温が住宅に与える影響を最小限に抑えることができ、家の中の温度差も小さくなるというメリットがあります。
冬になると、温度差のある部屋を行き来することで血圧が変動しヒートショック(急激な温度変化による血圧変動で身体に悪影響を与える症状)を引き起こす危険性がありますが、省エネ住宅は家の中の温度差が少ないため、ヒートショックのストレスを軽減する効果があります。

結露やカビの発生を抑えられることも特徴です。ただし、気密性が高いだけでは逆にカビなどの有害物質を増殖させるおそれがあります。気密性を高めるとともに、高性能な換気システムを併用することで、室内の空気を清潔に保つことができるでしょう。高気密・計画換気によって住宅の腐食や劣化を防ぐことで、耐久性が高くなり、家を長持ちさせることができます。

このように、省エネ住宅のメリットはエネルギー消費を抑えるだけでなく、省エネに貢献しながらも健康で快適な暮らしができるところにあります。

▲ ページTOPへ

住宅の省エネ化を実現する改修例

既築の住宅でも、改修をすることで省エネ住宅の基準に合った家にすることが可能です。ここでは、住宅の省エネ化を実現するリフォーム例をご紹介します。

開口部の断熱化

既に建っている住宅を省エネ住宅にリフォームする際に最も手軽な方法は、窓やドアなどの開口部を断熱することです。例えば、窓ガラスを複層ガラスやLow- E複層ガラスなど断熱性能の高いものに変更したり、内窓を設置したりするだけでもかなり効果があります。樹脂製の内窓は熱が伝わりにくく、結露の発生も抑えられます。今ついている窓枠に新しい窓枠をかぶせてリフォームする外窓交換も、開口部の断熱性能を高める方法です。

天井・壁・床の断熱

天井や壁、床に高性能な断熱材を貼り付けて改修すると省エネ性能がアップします。壁や床に断熱材を貼り付ける場合は、構造の補修やフローリングの張り替えと組み合わせると工事がスムーズに進むため、住宅の築年数を考えて同時に施工すると良いでしょう。

高性能な住宅設備の導入

空調や給湯器、蓄電池など高性能な住宅設備を導入することも可能です。給湯器の場合なら少ないガスでお湯を沸かすエコジョーズや、エアコンなら「統一省エネラベル」を確認して評価の高いものを購入してみましょう。暖房器具としては、床暖房が空気を汚さず自然に室内の温度を上げることができるため、省エネ住宅に適しています。

創エネ設備

一戸建て住宅で創エネ設備として一般的なのが、太陽光発電と給湯システムのエネファームです。太陽光発電は屋根の上に設置した太陽光パネルで発電し、足りない分をこれまで通り電力会社から供給してもらいます。家庭用燃料電池エネファームは、水素と酸素を反応させて発電する燃料電池を使ってお湯を沸かし、給湯や床暖房に利用します。

省エネ住宅に改修するには、断熱性を向上させてエネルギー消費を抑えることと、自然エネルギーを利用するシステムの導入がポイントとなります。

▲ ページTOPへ

住んでいるだけでエコな省エネ住宅

省エネ住宅のポイントは、エネルギー消費量が抑えられることです。断熱性だけが良い住宅や、創エネ設備だけが充実していて太陽光発電で電気をたくさん創り出したとしても、エネルギー消費量が多い場合は省エネ住宅とはいえません。まずはエネルギー消費を減らす工夫をして、その上で、創エネや蓄電システムを導入することをおすすめします。省エネに対する意識が大きく変わり始めていますので、省エネ住宅の知識と合わせて、現在のライフスタイルのあり方も見直してみると良いでしょう。

▲ ページTOPへ

本サイトに掲載している情報の完全性、正確性、確実性、有用性に関して細心の注意を払っておりますが、掲載した情報に誤りがある場合、情報が最新ではない場合、第三者によりデータの改ざんがある場合、誤解を生みやすい記載や誤植を含む場合があります。その際に生じたいかなる損害に関しても、当社は一切の責任を免責されます。

本サイト、または本サイトからリンクしているWEBサイトから得られる情報により発生したいかなる損害につきまして、当社は一切の責任を免責されます。本サイトおよび本サイトからリンクしているWEBサイトの情報は、ご利用者ご自身の責任において御利用ください。

  • 楽エネについて
  • お見積りについて
  • 見積
  • 今月のキャンペーン
  • diy
  • 注目の新商品情報
  • 取り扱いメーカー
  • 全国対応いたします

おすすめ商品